菊地靖☓MAZDA767B 富士スピードウェイ 9000rpmインプレ

2017/09/28 15:23

20170824-TN136347

 

レブスピード11月号の付録DVDでは

菊地靖がFSWにて

MAZDA767Bを全開インプレした模様を収録している。

 

 

20170824-TN135579 20170824-TN135582

 

20170824-TN135639

 

 

767Bは4ローターのロータリーエンジンを搭載し、1989年のル・マン24時間レースやグループCで活躍した。

 

1991年にル・マン24時間レースで総合優勝した787Bの前身モデルとなる。

 

20170824-TN135610

 

 

 

 

20170824-TN13599120170824-TN135637

 

ガレージスターフィールドの星野仙治代表(上写真)が所有するこの767Bは、

今年のワールドタイムアタックでデモ走行を行う。

 

それに備えての足まわりの仕様変更において

シェイクダウンのドライバーを担当したのが菊地靖選手だ。

 

 

20170824-TN135870

 

 

 

 

20170824-TN135798 20170824-TN135843

 

 

20170824-TN13585420170824-TN135781

 

 

 

 

20170824-TN135694

 

20170824-TN135933

4ローターを始動して、ブリッピング。

その直管からのサウンドは、鼓膜がさけんばかり。

ドライバーの菊地選手は、耳栓をして乗り込んでいる。

 

 

20170824-TN13596920170824-TN136027

 

 

 

そして、その4ローターの9000rpmサウンドが、富士にこだました!

20170824-TN136095

 

20170824-TN136192

 

20170824-TN136397

 

この走行における車載やストレート通過のサウンドを

レブスピード11月号のDVDダイジェスト動画からお届け!

 

 

 

 

 

20170824-TN136567

このシェイクダウン後に、767Bはオーストラリアへのデモランに旅立った。

 

 

このシェイクダウンの模様をレブスピード11月号の付録DVDに収録。

レブスピードの購入はこちらから。

 

表1

 

 

 

  • Amazon特別プロモーション