マツダ・アテンザ用車高調がアラゴスタから新登場

2014/11/12 23:48

atenza_aragosta_type_e1.JPGアラゴスタからアテンザ(GJ)用モデルがリリースされた。
 
新たに発売された車高調は、スポーツ&ハイスピードセッティングを施した「Type-S」と、街乗りやコンフォート性を重視した「Type-E」の2タイプ。それぞれフロント用は固定式ピロアッパーマウントもしくは純正アッパーマウント流用が選択できる。

「Type-S」「Type-E」いずれも全長調整式で、減衰力調整は前後20段。装着時の純正比車高はフロントが-25mm、リアは-40mmで、車高調整範囲はフロントが+35mm〜-35mm、リアが+20mm〜-20mmとなっている。また、スプリングレートは「Type-S」がF/8kg・R/5kg、「Type-E」がF/6kg・R/4kgとなっている。走りを追求するアテンザユーザーは要チェックだ。
 
■マツダ・アテンザ(GJ)用アラゴスタ Type-S/Type-E
■価格
TYPE-S
フロントピロアッパーマウントモデル 31万円(税別)
フロント純正アッパーマウント流用モデル 30万3000円(税別)
TYPE-E
フロントピロアッパーマウントモデル 27万円(税別)
フロント純正アッパーマウント流用モデル 26万3000円(税別)
■スプリングレート
TYPE-S F/8kg・R/5kg
TYPE-E F/6kg・R/4kg
■仕様
TYPE-S
フロント:φ40倒立スチールシリンダー、リア:φ46正立アルミシリンダー
減衰力調整部 ショック下部(20段調整)
標準車高/車高調整範囲 フロント:-25mm/+35mm〜-35mm、リア:-40mm/+20mm〜-20mm
TYPE-E
フロント:φ46正立スチールシリンダー、リア:φ40正立スチールシリンダー
減衰力調整部 フロント:ショック上部、エンジンルーム内(20段調整)、リア:ショック下部(20段調整)
標準車高/調整範囲 フロント:-25mm/+35mm〜-35mm、リア:-40mm/+20mm〜-20mm
■ホームページ
http://www.tpl.co.jp

  • Amazon特別プロモーション