シビックタイプRが鈴鹿サーキットでFF市販車の最速ラップタイムを記録〜発売予定『CIVIC TYPE R Limited Edition』性能評価走行テスト〜

2020/07/20 12:05

シビックタイプRが鈴鹿サーキットでFF市販車の最速ラップタイムを記録

〜発売予定『CIVIC TYPE R Limited Edition』性能評価走行テスト〜

 

 

ホンダは発売予定の『シビックタイプRリミテッドエディション』の最終的な性能評価テストとして、鈴鹿サーキットでタイムアタックを行い、FF車最速となる2分23秒993を記録した。マイナーチェンジされたシビック・タイプRは、ブレーキディスクの2ピース化や冷却性能の向上も図られているが、さらにこのシビックタイプRリミテッドエディションには、専用のBBS製鍛造20インチアルミホイールと、ミシュラン・パイロットスポーツカップ2がセットされていて、サスペンションのアクティブ・ダンパー・システムとEPSも専用セッティングが施されている。

 

シビック・タイプRの開発責任者である柿沼秀樹氏は「今回のモデルチェンジは、Hondaモータースポーツ開発の要であるHRD Sakuraとタッグを組みながら速さを磨き上げ『世界屈指のサーキット』といわれる鈴鹿サーキットで、歴代TYPE R最速の足跡を刻みました。Hondaの考える理想のスポーツカーにまた一歩近づくことができたと確信しています」と語る。この鈴鹿タイムアタックの車載動画はhttps://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/で公開されている。

 

 

 

  • Amazon特別プロモーション