レイルからeSports 用アイテムがリリース!『レイル・チャレンジカップ』も開催。Youtubeで配信予定

2020/04/22 10:11

e-SPORT用レーシングフレーム

東京オートサロン2020 の会場でレイルのブースに展示されたレーシングフレームが、6 月の発売に向けて開発の最終段階に入っている。価格は未定

 

 

 

レイルからeSports 用アイテムがリリースされた。コントローラー用ペダルや、そのペダルキットで使用できるインナースプリングを販売。さらに6月中の発売を目指して、シートやステアリング、ペダルを装備できるeSports用レーシングフレームの開発も進行中だ。

 

そして、eSports分野での活動の一環として、2020年2月には『第1回レイル・チャレンジカップ』を開催。60名の参加者が速さを競ったのだが、このたび第2回として、5月の連休から7月に掛けて、予選と本戦、計4戦のシリーズ戦を開催が決定した。総合優勝者には開発中のレーシングフレームを贈呈する予定。Youtube での配信も予定されている。

 

 

 

 

 

 

つるペダ EVOLUTION Ⅰ

スラストマスター製T-GT/T300RS/T150付属ペダルキット対応( 2 ペダル/3ペダル共通)

 

レイルのデモカーのタイムアタックドライバーである森吉雄一選手から、スラストマスター製のペダルキットを室内でプレイしているとき『靴下が切れる』、『長時間プレイすると足裏が痛くなる』という声があったため、検証を開始。結果、純正ペダルのエッジ部分に問題があることが判明し、マシニングセンターを使用して形状を最適化。見た目は滑りやすそうだが、使用するとインフォメーションの高さ、フィット感のよさからコントロール性が向上する。カラーはレッド/ ディープブルー/ シルバーアルマイトの3色。価格は7150 円(税込み)。

 

 

 

 

 

室内シューズ履きプレイヤー専用ペダル(通称あなペダ)

スラストマスター製 T-GT/T300RS/T150付属ペダルキット対応(2ペダル/3ペダル共通)

 

アクセルペダルはヒール&トーをしやすい形状とし、ブレーキ& クラッチペダルは小型化。実車に近い感覚をイメージできるよう、実車用ペダルと同じく表面にはバーリング加工という滑り止めを配置する。カラーはレッド/ ディープブルー/ シルバーアルマイトの3色。価格は6050 円(税込み)。

 

 

 

 

ブレーキインナースプリング

スラストマスター製T-GT/T300RS対応(T3PA PROは使用不可)

 

ブレーキスプリングは長期間使用すると金属疲労によってヘタりや破断を起こす消耗部品。交換することで新品時のフィーリングを取り戻せる。スプリングは日本製で反発力は純正とほぼ同様。価格は770 円(税込み)。

 

 

 

■レイル TEL045-824-1835 http://www.laile.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

  • Amazon特別プロモーション