【1月号特集】タイヤの選び方&使い方〜プロが教える人気銘柄の活用テク〜

2019/11/25 18:55

1月号の特集は「タイヤの選び方&使い方〜プロが教える人気銘柄の活用テク〜」

 

ビギナーであっても、タイヤを履き替えればそのグリップ力や乗り味に違いが感じられるもの。それは、メーカーや銘柄によって異なることを経験上知っているはずだ。

ただし、アマチュアが本当にそのタイヤの特性を知って、フルに性能を活かしているかというと怪しい。ここではスポーツラジアルの人気銘柄をピックアップし、それぞれのタイヤに強いプロショップに、適正な空気圧や特性に合わせたサスセッティング&ドラテクについて聞いてみた。

 

また、装着する車種の車重によってタイヤの印象が変わる場合もある。そこで、できるだけライト級、ヘビー級でのサイズの選び方も案内。さらに、スキルやタイム、コストによるサイズと、それにマッチングさせるホイールのリム幅やインセット選択術についても紹介する。

ホイールサイズによってはフェンダー内の加工が必要になることなど、いままでショップのマル秘ノウハウだったこともここで大公開! 今後のタイヤ&ホイール選択に役立つこと間違いなしだ。

 

 

 

ここでは、人気銘柄の使い方、サスセッティングの合せ方を指南してくれるチューナーをご紹介!

 

DUNLOP DIREZZA ZⅢのFD2シビック タイプR、AP1/2 S2000でのマッチングアドバイザーは、ストラダーレの加藤博久代表

 

 

DUNLOP DIREZZA ZⅢのランエボ(CP9A/CT9A/CZ4A)でのマッチングアドバイザーは、アンリミテッドワークスの佐藤和広代表

 

 

BRIDGESTONE POTENZA RE-71Rの86/BRZ、R35GT-Rでのマッチングアドバイザーは、ラッシュファクトリーの稲木祐子マネージャー

 

 

GOODYEAR EAGLE RS SPORT S-SPECの、ND5RCロードスター、RX-8におけるマッチングアドバイザーは、レッグモータースポーツの倉迫幸生代表

 

 

YOKOHAMA ADVAN A052のVAB WRX STI でのマッチングアドバイザーは、スーパーオートバックスサンシャインKOBEの宮本 昇スポーツマネージャー

 

 

Hankook Ventus R-S4の86/BRZでのマッチングアドバイザーは、アームズの丸山淳一代表

 

 

Hankook Ventus R-S4のGT-R(R32/33/34)でのマッチングアドバイザーは、ATTKDオーテックの塚田隆光さん

 

 

KUMHO ECSTA V700のZC33Sスイフトスポーツでのマッチングアドバイザーは、ミノルインターナショナルの田中ミノル代表

 

 

KUMHO ECSTA V720のZ33/34 フェアレディZでのマッチングアドバイザーは、ガレージ4413の高村嘉寿代表

 

 

 

MICHELIN PILOT SPORT 4Sの86/BRZ、R35GT-Rにおけるマッチングアドバイザーは、MCRの小林真一代表

 

 

 

すべての銘柄に目を通し、各チューナーの考えをチェックすることで、自身のドラテクの見直しやセッティング能力、今後のタイヤとの付き合い方も大きく変わるに違いない!

 

 

このタイヤ特集が掲載されている

レブスピード1月号(11/26発売号)の購入はこちらから!

 

  • Amazon特別プロモーション