GT300クラスにCR-Zが登場!

2012/08/01 10:40

CR-Z GT

2012シーズンのスーパーGT選手権の300クラスには、シーズン当初から300クラスの有力チームaprがプリウスで参戦しているが、7/29に開催された第4戦菅生ラウンドより、無限がCR-Z GTで参戦を開始した。
エンジンはル・マンLMP2用をベースとした2.8lV6ツインターボエンジンで、もちろんハイブリッドシステムを搭載する。
7/3にホームコースのもてぎでシェイクダウン後、すぐのレースだったため、緒戦の結果はゼッケンと同じ16位でのフィニッシュだった。が、そこはF1参戦の経験も持つ無限だけに、随時熟成が進み、速さを身につけて行くはずだ。すでにポイントを獲得しているライバルのプリウスとのハイブリッド対決を含め、今後のMUGEN CR-Z GTの活躍に期待したい。
ちなみに、公開取材が行われたもてぎCR-Zテストの現場では、顔見知りの少ないレース関係者のなかに、芝ライニングの児島さんを発見。このマシンにはアルコンのブレーキシステムが採用されており、技術サポートを行っていた。で、アルコンのアピールを依頼されたので、お伝えしときます。アルコンの活躍にもご注目を!(モリタ)

  • Amazon特別プロモーション