1月号(11/25発売)ドラテク特集「谷口信輝が教える カウンターステア最短マスター術」

2017/11/24 18:03

BS0P8811

 

レブスピード1月号(11/25発売)の巻頭ドラテク特集は

「谷口信輝選手が教える カウンターステア最短マスター術!

 

 

〜スライドを起こす練習も楽しい! 遊びながら練習して危険回避能力をアップせよ!!〜

 

ちょっとしたテールスライドでも、カウンターを当てなければスピン、最悪はコースアウトしてしまう。

しかし、テールスライドを怖がって、スピードを抑えて走っていれば永遠にスキルアップは望めない。

つまり、タイヤの限界を超えても戻ってこられるテクニックを身につけることが

スポーツドライビングでは重要なのだ。

 

と、いうことで、今月号のレブスピードは、「カウンターステア習得のススメ」の大特集。

「最短!」でカウンターステアをマスターする方法をレクチャーする。

 

BS0P8545

講師はおなじみ谷口信輝選手(このロケの数日後にS-GTチャンピオンを決めた☆祝!)。

(写真では、カウンターステアに重要な「腕の脱力」の重要性を説いている)

これまで数多くのドライバーにカウンターステアを教えてきた経験から、

今回の「最短」でカウンターステアをマスターするレッスン方法を伝授してもらった。

 

 

レッスン1は、クルマが停止状態において、

アクセルをふかして高回転を保つペダルコントロールの練習からスタート。

初歩の初歩から、ステップを踏んで練習していくことで、マスターできる方法を紹介している。

 

0B7A3726

 

0B7A3836

 

 

 

BS0P8837

 

今月号は誌面のの特集。さらに2月号(12/25発売)では、付録DVDでレッスンを動画で紹介する。

2号に渡って必見の内容なので、お見逃しなく!

 

0B7A4029

カウンターステアを当てながら、ピースサインの谷口選手(こちらをマスターするコツは伝授しておりませんのであしからず)。

 

 

谷口選手の「カウンターステア最短マスター術」が掲載されている

レブスピード1月号の購入はこちらから

 

表1

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Amazon特別プロモーション