スクリーン&D2ジャパン DB42 スープラRZ「緻密なセッティングを行なったECUと足でスープラ勢トップに」REVSPEED筑波スーパーバトル

2021年12月2日『REVSPEED筑波スーパーバトル』参戦車両紹介

 

PROSHOP SCREEN & D2 JAPAN

DB42 SUPRA

プロショップ スクリーン&D2ジャパン
DB42 スープラRZ

 

緻密なセッティングを行なった

ECUと足でスープラ勢トップに

 

タイム 58.340

クラス ストリート-レーシングラジアル-FR1

ドライバー 佐々木雅弘

タイヤ POTENZA RE-12D  TYPE A(F&R: 285/35R19)

 

■車両重量 1458kg ■最高出力 548㎰ ■最大トルク 83.2kg-m ■最大ブースト1.5kg/㎠ ■レボリューション カーボンインダクションボックス ■レボリューション メタルキャタライザー ■RH9 フルチタンマフラー ■RH9 フロントパイプ ■スクリーン ECU-TEK現車合わせセッティング ■CSFE ヒートエクスチェンジャー ■D2 スクリーン MASAスペック車高調(F:14kg/mm R:36kg/mm) ■フルピロ化  ■D2 ブレーキキャリパー(F:6POT R:4POT+EPB)■D2  356㎜ローター ■D2 レース用ブレーキパッド ■VOLK RACING ZE40(19×10J 33)■レカロ RS-Gアルカンターラ ■AIM SOKO DL ■ings フルエアロ ■ings GTウイング

 

GRスープラの素性のよさを引き出すべくハイフロータービン化をはじめ、多彩な仕様をテストしてきたスクリーン。現在は純正タービンに戻している。ヒートエクスチェンジャーやエアクリーナーボックスで吸気温度の安定を図り、RH9フルチタンマフラーで排気効率を高めたくらいのライトチューンだ。

 

しかしECU-TEKで緻密なセッティングを行なった結果、最高出力548㎰、最大トルク83.2kg-mに到達。「純正タービンは極端にハイブースト化しないほうが、フィーリングはよい」とは千葉 弘代表の見解だ。

 

そして、注目すべきは足まわり。佐々木雅弘選手とタッグを組んで開発したD2スクリーン車高調MASAスペックやD2キャリパーを投入し、パワーを活かす環境を整える。今回はタイムアップを狙い、リアのハイレート化にも着手した。その結果、クラストップとなる58秒3を記録した。

 

参戦においてチューナーがチャレンジしてきたこと

リアのハイレート化でトラクションを稼ぐ

 

「ハイパワーFRではいかにトラクションを稼げるかがタイムアップのカギを握ります。足まわりは、佐々木雅弘選手とタッグを組んで開発したD2車高調を入れていますが、今回はリアにHALの高反発スプリングを入れて、レートを36kg/mmまで高めました。これでオーバーステアが収まり、パワーを無駄なく使えるようになりました」(プロショップ スクリーン 千葉 弘代表)

 

 
ドライバーはこの車両をどう走らせた?

ブーストアップ仕様で57秒台も視野に入ります

 

「エンジンパワーも出ているし、D2のブレーキキットのコントロール性やリリース性もよい。リアのハイレート化でトラクションも上手く掛かるようになりました。じつは最終コーナーで4速にシフトアップせずに一瞬、吹けないような症状が出ましたが、それでも58秒3が出ました。条件さえあえば、ブーストアップで57秒台も十分に狙えると思います」(佐々木雅弘選手)

 

じっくりと仕様が詰められたD2キャリパーはフロント8POTで、リア4POT。制動力が高まっているのはもちろん、前後バランスがよくコントロール性もよい

 

佐々木雅弘選手がセッティングを担当したD2車高調のMASAスペック。しなやかな乗り味となっており、減衰力調整によりストリートからサーキットまで幅広く対応する

 

レボリューションのカーボンエアクリーナーボックスやCSFヒートエクスチェンジャーで吸気温度の抑制を図る。ECUセッティングは現車合わせだ

 

RH9フルチタンマフラーは、メイン60φ×2でテールは115φの左右出し。レボリューションのメタルキャタライザーも装備する

 

 

 

■プロショップ スクリーン 宮城県富谷市成田9-1-17 TEL022-348-3761 

www.screen-powers.net/

 

■D2 JAPAN TEL022-779-6512

http://www.d2japan.com/

 

 






  • Amazon特別プロモーション