Privaters Garage TOOL BOX ショップガイド

2017/12/26 18:07

口コミでAE86乗りが足を運ぶようになった、オーナーたちの信頼の厚いスペシャルショップが秦野市にショップを構えるツールボックスだ。「ハチロク専門店というわけではない」とツールボックスの川口與士夫代表は話すが、ハチロクに対する思い入れは強い。「いまでもパーツが出てくるのは、過去の日本車ではあり得ない。特別なクルマです」と川口代表。
同店が力を入れているのがレストア。大衆車であるハチロクをレストアする人がいない頃からレストアに取り組み、その姿勢に惹かれて多くのオーナーが集まった。だから入庫していた車両はすべてピカピカ。外装はもちろん、内装のリフレッシュもOK。中には一度レストアをして十数年後、2度目のレストアを依頼した人もいるほど。エンジンオーバーホールなども得意で、いまハチロクに乗りたい人にはうってつけのお店といえる。
メンテナンスに関してもこだわっている(わざわざ関西から車両を持ち込む人がいる)。ただしパーツは生産中止のモノが多いのが現実で、同店ではパーツのリビルドを積極的に行うことで対応。スロットルがその代表例で、施工業者とのコネクションの確保など、“オーナーが欲しいモノ”を提供するための態勢を整えている。もちろんハチロク以外もウェルカム。実際取材当日にはノートも入庫していた。車種を問わず、オーナーのニーズを満たすことを第一に考えるショップなのである。

オススメメニュー うちはコレ!!
遠方からの依頼も多数!
外装・内装のレストア

Privaters Garage TOOL BOX:外装・内装のレストア

Privaters Garage TOOL BOX:外装・内装のレストアハチロクに
長く乗るための提案

ハコスカなど高額車をレストアするケースはあったが、大衆車をレストアすることがなかった時代に、ツールボックスはいち早くAE86をレストア。それがハチロク乗りのハートをつかみ、多数の依頼を受けることに。預かった車両をドンガラにして悪いところをチェック、その後、協力工場で作業となる。外装のレストアに加え、内装のレストアも引き受ける。費用目安は、ボディレストアは約150万円、内装レストア(ドア内張り、リアシート・クッションリフレッシュ)は約20万円

Privaters Garage TOOL BOX:パーツリビルド

パーツのリビルドで
“生産中止”を乗り越える

生産中止のパーツが多いため、ワンオフ製作の他、パーツリビルドを行っている。スロットルは純正下取りで7万5000円、作業1万5000円。エンジンのハンチングの原因になる部分、ダッシュポットのリビルトも請け負う。オルタネーターは、より多くの電装品が使える80A仕様へのリビルトも可能している

Privaters Garage TOOL BOX:オーバーホール

エンジンのオーバーホール

エンジンのオーバーホールも可能。コチラも“ハチロク専門”ではなく、実際にSRエンジンもオーバーホール待ちであった。「10台あれば、10台すべて違う。お客様の使い勝手に合わせるのがチューニングだと思っています」というポリシーのもと、それぞれのニーズに合わせ、レストア、リビルト、オーバーホールを請け負う

Privaters Garage TOOL BOX:メンテナンス

メンテナンスも定評あり

さまざまなユーザーのニーズに合わせて、パーツのワンオフ、リビルトを駆使してメンテナンスを施す。写真のスタッフは、右が川口将弥さん、左が川口真弥さん。川口代表のご子息だ。取材当時には関西のナンバーの車両が入庫するなど、レストア、定期メンテナンスは、全国各地からオーダーが入る状況だ

Privaters Garage TOOL BOX

神奈川県秦野市柳町1丁目10-26
TEL:0463-87-9556

  • Amazon特別プロモーション