MOTOR SPORT HASHIMOTO ショップガイド

2017/03/02 16:55

九州自動車道、植木インターから10分程度。緑豊かな風景の中、看板代わりのようにズラリと並んだランエボの群れが目印となっているお店がモータースポーツハシモト。橋本代表はダートトライアルの名手として数々の栄冠を獲得。ランエボはCD、CE系の時代から愛機として使用するなど、進化をリアルタイムで体感して来た経験の持ち主。エンジン、足まわり、ボディ補強など、あらゆる面において絶大なノウハウを持っている。ここ数年、来店客の中で圧倒的な比率を占めているのがエボX。パフォーマンスのブラッシュアップを図って行くうえで、タービンがカギになる。そこで現在モータースポーツハシモトがオススメしているのがオリジナルのハイフロータービンだ。
「ダートトライアルやジムカーナではここ一発のドッカンパワーより、下から上までフレキシブルに使えるトルク特性が求められます。ここを踏まえつつ、400~450㎰程度の範囲でキッチリ走れる特性に仕上げています」
ちなみにこのメニューは第二ステップ向けのモノで、そこに進む前には第一ステップとして吸排気部分の強化を行っておくことが前提となる。
一部分だけを特化させること無く、乗り手のスキルに応じたトータルバランスを重視するクルマづくりの提案。これこそ、ハシモトの真骨頂といえるだろう。

オススメメニュー うちはコレ!!
エボXの潜在能力を引き出すハイフロータービン

モータースポーツハシモト オススメメニュー

純正ベースだからこそ下から上までトルクフル!!

モータースポーツハシモト オススメメニューモータースポーツハシモトが社外リプレイスのタービンではなく、あえて純正をベースとしたハイフロー仕様にこだわるのは、必要にして十分なポテンシャルを秘めているため。「サイズ的には純正がベスト。ブーストアップレベルでもトラブルの元になっているスラストメタルをオリジナルで作成して使用。加えて、コンプレッサー側を僅かに拡大させるだけで、全域のフィーリングが別物になります」。オーダーは純正タービン下取りで、ECUTEKによるコンピュータセッティング(15万円)のほか、強化アクチュエーターを用意する必要がある

工賃表
エンジンオイル交換▶オイル代のみ
SSTオイル交換▶4万5000円(フィルター込み)
テインEDFCアクティブプロ装着▶20万円~(ダンパー、セッティング代込み)

モータースポーツハシモト テインのフレックスZ
モータースポーツハシモト EDFCアクティブプロ

EDFCのMSH流セットでもっと楽しく走れる!!

テインのフレックスZと、横G、加速Gなど減衰力を瞬時かつ連続的にコントロールするEDFCアクティブプロとの組み合わせをオススメ。「正直、倍近い価格のダンパーを買うより満足度は高いと思います。初期セッティングの入力に少々手間が掛かりますが、それだけ苦労する価値はあります」。取り付け工賃込みで20万円前後。牛島店長によるEDFCの内部データセッティングが好評で、そのセッティングまで込みの価格なのだ

モータースポーツハシモト エボX

速いクルマは見た目のカッコよさも大事!

こちらはデモカーのエボX。HKS製タービンのほか、270°カム、東名チタンマフラーなどを備える。足まわりはテインの車高調で、外観もボルテックスのエアロパーツでスタイリッシュにモディファイされている。MSHが得意としているのはCN(エボIV)以降のランエボ。コンピュータチューンではECUTEKに加え、最近はLINK ECUに関する問い合わせも増えて始めている

モータースポーツハシモト

熊本県熊本市北区植木町内173-1
TEL:096-277-1811
http://ww21.tiki.ne.jp/~nb-sport/

  • Amazon特別プロモーション

PICKUP NEWS おすすめニュース