まんさく自動車 ショップガイド

2017/03/24 21:05

地域に根づいた街のクルマ屋さんでありながら、モータースポーツにも積極的に取り組んでいる『まんさく自動車』。86/BRZレースに初年度からエントリーしており、今シーズンは後期型にマシンをスイッチ。激戦のプロクラスで上位進出を狙う。改造範囲の限られたレースで戦うことで得られるノウハウは多く、ウィークポイントについてもシッカリ把握できるのもメリットだ。
たとえば、発売当初からギアの入りが渋いといわれていた純正ミッション。サーキット走行で素早いシフト操作を繰り返すと、トラブルにつながることが多い。その原因のひとつがシフトフォークを支えるシャフトブッシュ。表面の特殊コートが剥がれてクリアランスが大きくなり、ロッドが暴れて、シンクロ破損やギア噛み込みを引き起こす。
まんさく自動車では、ミッションをバラして計5箇所にあるこのブッシュを対策品に打ち替えるメニューを7万円(ミッション脱着工賃は別)で実施。これにより、あいまいなシフトフィールが改善されて、素早いシフトチェンジが可能になる。同時にシンクロなどを新品にするプチOHに踏み切るのも手。
また、ミッション保護にはオイル選びも肝心。ルブロスとコラボして開発したオリジナルオイルは、金属同士のあたりがスムーズで油膜保持性能にも優れる。86/BRZレースでも効果は実証済みだ。

オススメメニュー うちはコレ!!
86用ミッションのロッドブッシュ打ち換え

まんさく自動車

シフトフィールの改善策あれこれ

まんさく自動車走行会に出張する現地メカとしての経験もあり、サーキット向けのチューニングにも精通する井上代表。エンジン換装やMT載せ換えの重作業もお手のモノ。取材時も86のミッションを降ろしている最中であった。そんなまんさく自動車が86/BRZ乗りに提案する、シフトフォークシャフトブッシュの打ち換えプラン。シフトフォークのガイド部にある金属カラーを対策品に変えることで、トラブルを未然に防ぐ。ちなみにレース走行後はシフトの入りが渋くなりがちな86だが、ルブロスのミッションオイルを入れるとそうした兆候も見られないとのこと

工賃表
86用シフトロッドブッシュ打ち換え(脱着工賃別・部品代込み)▶7万円
MT脱着▶約4万円
86用純正6MTオーバーホール▶約7万円〜

楽しさを引き上げるブレーキチューン

デモカーに装着されていたのは本誌でもP62〜で紹介済みのアドヴィックス・4ポットキャリパー。ブレーキチューンにも精通する同店では、オリジナルのマスターシリンダーストッパーも用意。こちらはアルミ削り出しの逸品で、軽さと剛性を両立。ブレーキタッチの改善に貢献する。86用の価格は1万9800円となっている

まんさく自動車:楽しさを引き上げるブレーキチューン
まんさく自動車:楽しさを引き上げるブレーキチューン
まんさく自動車:後期型の解析も順調に進める
まんさく自動車:後期型の解析も順調に進める

後期型の解析も順調に進める

激戦の86/BRZレースに参戦。後期型のレース車両はラッピングも終わり、4月1日の開幕戦に向けてマシンが急ピッチで仕上げられる。前期型と比べてスタビが太くなっていたり、マフラーが軽くなっているなど変更点はいろいろとあるようだ。前期と後期のデモカーを所有するだけに、86についての造詣も深い

まんさく自動車

岐阜県各務原市蘇原古市場町1-7-1
TEL:058-380-5461
http://www.mansaku.jp

  • Amazon特別プロモーション