TEX MODIFY ショップガイド

2016/11/21 19:40

スバルやニッサン車を存分に楽しむための
セッティング力にも定評ありのマイスター

TEX MODIFY

ドリフト競技の最高峰であるD1GPではチームオレンジのメカニカルアドバイザーとして活躍。ドラッグレースでは8秒765というSRエンジンの日本最速タイムを樹立するなど、輝かしい記録を打ち立ててきた『テックスモディファイ』。サーキットを速く走らせるためのノウハウも豊富で、背伸びし過ぎないマシンメイクを実践してくれる。
「足まわりのセッティングで重要なのは、有効ストロークと車高。リフトアップした状態で足まわりを組み込み、ブッシュがよじれてスムーズな動きをスポイルしているケースも多いです」と大木さん。1G状態で締め直すだけで、サスペンションの動きがかなりスムーズになる。初期セットと考えて実践したいと指南する。
競技の世界でノウハウを蓄えたECUセッティングも得意とするところ。燃調や点火時期はもちろん、可変バルタイや電子スロットルマップも最適化することで、乗り手の意志に忠実に反応する違和感のないフィーリングに仕上げる。アクセル操作にリニアに追従するエンジン特性は、サーキットでのタイムアップにも貢献してくれること請け合い。ぜひ試したい。

TEX MODIFY:ラップタイマー

CHECK 1

2万円で購入可能なラップタイマーに注目

外部電源を取る煩わしさもなく手軽に装着できるラップタイマーは、セクター4まで設定できる優れもの。2台持ちのひとや仲間と使い回したい際に便利。赤外線トランスミッター付きなので、エビスサーキットなど磁石が埋設されていないコースでも計測可能だ。防水タイプなので車外への取り付けも可能。価格は2万円

TEX MODIFY:スプリング替え

CHECK 2

スプリング替えの依頼も増えている

手持ちの車高調のまま、バネレート変更の依頼も増えている。たとえばGDBは足まわりの構造上、リア7kg/mm以上でクルマが跳ねがち。イケヤフォーミュラのアームでこれを解消できるなど、豊富なノウハウを持つ。セッティングに悩んだら一度相談を!

TEX MODIFY:オリジナルブランドPROGRESS
TEX MODIFY:オリジナルブランドPROGRESS

CHECK 3

GDBでサーキットを満喫するためのパーツが充実

オリジナルブランドPROGRESSでは、冷却性を引き上げるボンネット&ダクトや片側30mmワイドを実現するオーバーフェンダーを用意。また前置きI/C化した際に最適なトップマウントオイルクーラーキットも設定。サーキット走行時の油温安定に貢献する

TEX MODIFY:バーベキュー
TEX MODIFY:バーベキュー

CHECK 4

バーベキューも定期開催、家族ぐるみで付き合える

フレンドリーな人柄の大木代表を慕って訪れるお客さんも多い。そんなユーザーさんたちに楽しんでもらおうと定期開催しているのがバーベキュー。家族連れのひとも多くアットホームな雰囲気で、クルマ談義にも花が咲く。みんなの憩いの場所となっている

テックスモディファイ

茨城県那珂市堤435−16
TEL:029-295-5420
http://www.tex-modify.com/

  • Amazon特別プロモーション