11月号特集は「いいアシを選ぼう!つくろう!!」最新版サスペンション活用マニュアル

2018/09/25 12:01

スポーツドライビングを楽しむために、数多くリリースされているサスペンションキット。それそれ仕様に特色があり、乗り味にも違いがある。そのため、タイヤの性能を活かすためのセッティング方法に違いが見られるのが現状だ。

そこで、今回の特集では、本庄サーキットで各社の最新サスペンションキットをインプレッションするとともに、それからセッティングを変えたらどんな傾向が出るのか? タイムや操縦性などバランスはどう変わるのか? その効果と疑問をテスト形式で実証していく。

 

 

 

 

テスターを担当したのは、分析力、セッティング能力に定評がある木下みつひろ選手と佐々木雅弘選手だ。

 

自身がチョイスしようとしているサスキットは、どんな仕様なのか?乗り味にはどんな特徴があるのか? プロが乗って、減衰など調整して走りがどう変わったかもチェックしているので、購入後のセッティングの参考にもなるだろう。

 

 

 

さらに、インプレのほかにも下記のテストも行った。ショートコースの本庄サーキットでも、明らかにタイム差として効果が表れたのだった。

 

■ステップアップチューンで実践 サスペンション交換の手段と効果

〜ノーマルサスから→ショックアブソーバーのみ交換→ダウンサス&ショック交換→車高調サスキットに交換 フィーリングやタイム差はどう変わる?

■前後の車高を調整するとハンドリングはどう変わる?

■サーキットではアシを硬くしたほうがタイムアップするのか?

■キャンバーをつけることでコーナリングスピードはアップする?

■減衰力調整でハンドリングは変わるのか?

■スプリングのプリロード調整での操縦性の変化は?

■新潮流「セット荷重」でのセッティングとは

■強化スタビライザーへの交換でハンドリングの変化は?

 

 

 

 

これらのテストは、アマチュアが実践的にセッテイングを行う際のためのノウハウが満載といえる。

 

 

最新サスキットのバイヤーズガイドをはじめ、タイムアップだけでなく好みの操縦性を得るためにも、

レブスピード11月号はお役に立つだろう。

 

サスキットについての情報満載の

レブスピード11月号の購入はこちらから!

 

 

  • Amazon特別プロモーション