トヨタのル・マン24時間レース優勝に貢献したレイズに市長賞詞が贈呈!!

2018/08/23 15:51

トヨタのル・マン24時間レース優勝に貢献したレイズに市長賞詞が贈呈!!

レイズのホイールを装着したTOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRIDがル・マンを制覇

左から三根茂留社長、斯波眞澄会長、野田義和東大阪市長、川口誠司副市長

 

6月に行われたル・マン24時間耐久レース。トヨタが悲願の 初優勝を飾り、日本車としてもマツダ787Bから27年ぶりの優勝となった。しかもワンツーフィニッシュという快挙。その 「TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRID」に使われてい たのがレイズのマグネシウム製鍛造ホイールだ。

 

ル・マンをはじめとするWEC(世界耐久選手権)では、軽さと強さはもちろん、加えて空力的な面も重要になる。最高速350km/hに迫り、ホイールにはブレーキの冷却とマシンの空力を乱さないという相反する要求がされる。そのためにスポー ク形状を工夫。空力だけ考えれば開口部が少ないほうが有利だ が、50%は開口部がないといけないレギュレーションを満たしつつ、最大限の性能を狙った

。その結果が終始安定したラップ を刻み、優勝と準優勝というこれ以上ないリザルトとなったのだ。

 

レイズの、その高い技術力と飽くなきチャレンジ精神を讃え、 東大阪市長から賞詞が贈呈された。

 

野田市長自ら実際に使われたのと同じマグネシウム鍛造ホイールを持ったが、あまりの軽さに驚き、片手で持ち上げるパフォーマンスも。東大阪市役所では8 月31日までレースで使われたのと同じホイールと、その他の市販モデルなどが展示されている

 

レイズ TEL06-6787-0019 https://www.rayswheels.co.jp/

  • Amazon特別プロモーション