レブスピード6月号ドラテク特集 佐々木雅弘流「タイヤをネジる」新着眼ドライビング

2018/04/25 11:26

レブスピード6月号(4/26発売)の巻頭では、

佐々木雅弘選手がレクチャーする「タイヤをネジる」新着眼ドライビングを大特集!

荷重移動にプラスして、佐々木流のドライビングスタイルである「深い舵」を与えてタイヤをネジってやることで、よりタイヤグリップを引き出し、さらなるタイムアップにつなげる方法をお伝えする。

 

ph01

佐々木選手はターンイン段階からどんどん舵角を増やしていく。アマチュアが思っているよりも舵角量は大きいことだろう。

 

ph02

ワザを伝授してくれた佐々木雅弘選手。激戦である86/BRZレースのプロクラスや、スーパー耐久で数々の勝利を収めてきたその活躍は御存知の通りだろう。ブリヂストンのタイヤ開発にも関わっている。

今回は独自の理論である「タイヤをネジり上げることでグリップを出す」ドライビングを伝授してもらう。

 

ph05

タイヤというものはネジレることでコーナリングフォースが生まれる特性がある。それをうまく活用しようというのが佐々木流のドラテクだ。

 

 

ph04

<コンテンツ>

「タイヤをネジることでグリップが発生する」とはどういうことなのか?

「タイヤをネジる」には、ステアリングをどれくらい切ればいいのか?

佐々木流の「大舵」で「タイヤをネジる」タイミングとは?

「リアタイヤをネジる」ことでより曲がる力を発生させるには?

「タイヤがネジれる」可能範囲と限界

「ネジれが戻る」ときとトラクションのタイミング

 

などなど、アマチュアやタイムアタッカー、ワンメイクレース参戦者にも、眼から鱗のヒントが満載だ。

 

 

さらに、佐々木流の「神ワザ」も紹介!

「進入で出てしまったオーバーステアを一瞬で帳消しにする」

アタック中のタイムロスを最小限にする、まさに「神ワザ」のスペシャルテクニックも紹介だ。

(タイムアタックや予選、レースなど、オーバーステアが出てもアタックをやめるわけにいかない状況で、このワザは特に有効だろう。プロはこのような手を持っているから、どんな状況でも速い(強い)のだ。

 

 

 

また、次号7月号(5/26発売)では、付録DVDにこのレクチャーを紹介する。

ペダル操作も含めた車載映像でより理解を深めてほしい。

 

 

 

 

佐々木雅弘流 「タイヤをネジる」新着眼ドライビングが掲載されている

レブスピード6月号(4/26発売)の購入はこちらから

 

表1

 

 

 

 

 

  • Amazon特別プロモーション