DCCDに見るD型の進化〜新型WRX STI〜

2017/08/08 11:27

WRX STIがマイナーチェンジを実施。D型が登場した。

 

17_7_12_036

 

 

D型ではフロントマスクが変更。冷却効率向上のためのフロントグリルの開口部が拡大され、

それに併せてラジエーターファンの出力向上が図られている。

EJ20エンジン自体に変更はない。

 

 

17_7_12_049

 

 

17_7_12_038

 

 

D型のトピックスとしては、DCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)の改良だ。

従来は電磁式L.S.Dと機械式L.S.Dの組み合わせだったのが、全域を電子制御式L.S.Dに進化させた。

 

17_7_12_067

 

17_7_12_001

 

 

従来は機械式L.S.Dが常にイニシャルトルクをかけている構造で、旋回性よりも姿勢の安定性を重視していた。

そのため直進性が強く、時には曲がりにくさとして感じられていた。

 

しかし、D型ではフル電子制御化により、コーナリング状況に応じてより細かくセンターデフを制御。

旋回時の締結力を弱くすることで、旋回初期のアンダーステアや、

コーナー立ち上がりのプッシュアンダーを改善している。

 

 

17_7_12_270

 

レブスピード9月号では、ジャーナリストの斎藤聡がD型を試乗インプレッション。

新電子制御DCCDの乗り味の違いを先代C型と比較するとともに、

新たに装着されたブレンボ6ポットキャリパーのタッチやコントロール性なども詳細にチェックしている。

 

 

17_7_12_007

 

 

17_7_12_055

 

 

DCCDの変更にあわせて、前後サスペンションのバネレートや減衰力の変更、リアスタビライザーの小径化なども行われた。

D型の進化については、レブスピード9月号のレポートを見て欲しい。

 

 

この記事が掲載されているレブスピード9月号の購入はこちら

http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=9668

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Amazon特別プロモーション

PICKUP NEWS おすすめニュース