セクターごとにベストタイムとのタイム差を表示

2017/07/28 15:24

常に走りをアップデートできるGSPラップタイマー

 

ph01

 

キュースターズのGPSラップタイマーに、新型の6000Sが登場した。車内でGPSを測位できる場所に設置するだけで、ラップタイムを表示してくれる便利なアイテムで、新型はGSP測位の精度を上げただけでなく、タイムアタッカー注目の機能が盛り込まれている。(※写真の吸盤はオプション)

 

 

それは、走行中にリアルタイムでセクタータイムを表示できるだけでなく、ベストタイム(または前ラップと選択)とどれくらいアドバンテージ、あるいはビハインドがあるかタイム差を示すことが可能になったことだ。

 

ph02

このリアルタイム機能は、一発のタイムアタック中でも状況が逐一わかるだけでなく、周回中でも走り方の違いによるタイムの差がわかるのが大きなメリット。「あのコーナーは2速、それとも3速が速い?」「ラインは最短距離を走る小回りがいい?それともボトムスピードを落とさないラインがいい?」などといった悩みが、実際に試すことで簡単に解決できる。

 

GPSは日本全国のサーキットを自動認識。タイム更新中はグリーンのバック表示、遅ければレッドで表示する。新型はより走行会が楽しくなる機能が追加されたといえそうだ。

 

ph09

 

 

さらに、この6000SにはPCの専用ソフトQRacingが用意されており、多機能データロガーとしても活用できる。走行データの管理だけでなく、区間タイムや、速度、走行ラインなどを比較、解析することでスキルアップに役立てられる。グラフでは最大3ラップを同時に比較でき、仮想ベストタイムも参考値として表示できる。また、動画とデータを連携させることも可能だ。

 

 

ph07

 

 

 

■キュースターズ インターナショナル http://racing.qstarz.com/JP-index.html

■価格 6万1000円(税別)

 

 

 

この記事が掲載されているレブスピード9月号の購入はこちら

http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=9668

 

  • Amazon特別プロモーション

PICKUP NEWS おすすめニュース