新型シビックタイプRがニュルブルクリンクでFF最速タイムのオンボード映像を公開

2017/04/24 18:51

hondacivic_nur

2017年内に日本での発売が予定されている次期シビックタイプRがニュルブルクリンク北コースでのFF最速ラップを塗り替えた。

 

最高出力320PSの2.0リッターVTECターボエンジンとサーキットスペックの6速MTを組み合わせたパワートレインと、リア・マルチリンク式サスペンションの最新プラットフォームなどで、総合的にパフォーマンスを上げた結果が、新レコードラップとなる7分43秒80(ホンダ測定値)につながったのだ。

 

新記録樹立の発表に合わせて公開されたオンボード映像では、ニュルブルクリンクの名物コーナー「カルッセル」のコンクリート舗装されたバンクでのボトムスピードが80km/h程度と高いこと、もっとも速度が出る最終セクションでは280km/h近いスピードに達していることなどが確認できる。

 

 

  • Amazon特別プロモーション